子どもの英会話教室に「辞める」と伝えるとき

習い事、辞めるのは残念

1年間、楽しく通った「きのこ英会話教室(仮名)」に、辞めることを伝えます。

f:id:momoeigo:20180523123726p:plain

関連記事:

英会話教室(通学)の転校を考える - モモちゃんの子ども英語

 

新学期が始まる前、ほんの2か月前までは、このままずっと「きのこ英会話教室」に通い、英語経験を積ませてもらうつもりでした。切ない気持ちになります。

しかし、仕方ありません。きのこ英会話教室はもう、モモちゃんのニーズを満たしてくれないのですから。

音楽性の違い、性格の不一致…かもしれません。

円満な、発展的な関係解消になりますように。

 

電話で辞めることを伝える

思い切って電話します。家では気持ちが緩んでしまうので、昼休みに職場から、社会人モードになって掛けました。

é»è©±ã®ã¤ã©ã¹ã

きのこ「はい、きのこ英会話教室です」

ママ「お世話になっております。モモの母のモモママです」

電話に出たのは、知らない事務員さんでした。

ママ「教室を辞めさせていただきたく、お電話しました」

単刀直入に言いました。ドキドキ。

きのこ「そうですか。差支えなければ理由をお聞かせください」

よかった、優しい口調でした。

ママ「一身上の理由ということで、御勘弁ください」

お世話になったのに、悪口のようなことを言うのはどうしても気が引けました。

それに、引き止められても困るし・・・。

今月末で辞めることを伝えました。

お月謝の清算の話がありました。

ママ「いろいろお世話になりました。ありがとうございました」

きのこ「またご縁がありましたらよろしくお願い致します」

スムーズに行きました。

ありがとう、さようなら、きのこ英会話教室。

ãè¾åããã¦ããã¯ãã®ã¤ã©ã¹ã

まだ、新しい英会話教室は決まっていません。