【英語育児 教材】モモ家がDWEをやらない理由!?

モモ家がディズニーの英語システムをやらない理由

英会話教室でほかの親御さんと立ち話をすると、ときどき「ディズニーの、やっていますか」と聞かれます。

ディズニーの英語システム、すごい人気と普及率です。

しかし、モモ家では、ディズニーの英会話システム(DWE)を導入していません。

 その理由は・・・

 

理由1:家にDVDプレイヤーが無い(そしてテレビ台のDVDプレイヤーを入れるスペースにはほかの物がいっぱい)

理由2:ディズニーの英語システムを購入するためには、販売員さんに家に来てもらわないといけないらしいが、モモ家はとても他人様を上げられるような家ではない(狭い、ちらかっている、恥ずかしい)

理由3:写真で見るところ、ディズニーの英語システムはなかなかの大きさであり、モモ家には置く場所がない

 

ははは。笑うしかありません。

 

それから、

理由4:ミッキーは好きだけどすごく好きってほどではなかった(モモママが)。

「ふなっしーの英語システム」だったらたぶん購入したと思います。モモママ、ふなっしー好き。

ふなっしー梨汁ブシャーシールなっしー (シールだいすきブック)

(クリックするとアマゾンに飛びます)

 

モモちゃんは1~2歳の頃、ミッキーの存在自体知らなかったと思います。

 

だから、興味はあったけれど、これらの障害を乗り越えるほど、つまり、DVDプレイヤーを購入し、テレビ台の物入れを片付け、家を大掃除するほどではなかったのです。

 

英語育児を始めた当初はモモちゃんも小さくて、毎日てんやわんやでしたしね・・・

 

英語育児 iPadを活用しよう

iPadでアメリカ版YouTube kids

モモ家では、代わりに、iPadでアメリカ版YouTube kidsを観ています。

関連記事:

www.momoeigo.xyz

 

www.momoeigo.xyz

 

「代わりに」とか言いましたが、ディズニーの英語システムを知らないので、代わりになっているかはわかりません。

 

でも、ほんと、Youtube kidsに満足しています。

モモちゃんが夢中になる、子ども向け英語動画がたくさんあるし、iPadなのでワンタッチで起動します。

 

タブレット依存症?動画依存症?

モモ家では、安いモデルのiPadをモモちゃん専用、というか、英語育児専用に使っています。削除できるアプリなどは削除して、シンプルに使っています。 

 

動画を見せるにあたっては、「モモちゃんが英語の動画に興味を持つか」が気になる一方で、モモちゃんが動画にのめり込み、何時間も観たがるとか、やめさせると泣き叫ぶとか、そんなことにならないかと心配しました。

 

そこで、「動画は専用iPadでのみ」というルールを決めました。

 

iPadは、いざとなったら隠してしまうことが可能です。隠すことが難しい、テレビやパソコン、親の携帯電話では動画を見せないことにしました。

もし、モモちゃんがiPad依存症、動画依存症のような状態になりそうだったら、iPadを隠すか、いっそのこと捨ててしまおうと思っていました。

 

そして、折にふれて、「これはママのだけど、モモちゃんに貸してあげている」と伝えています。

(実際、このiPadは5年くらい前にモモママが福引で当ててゲットしたものです)

 

広告

 

 

動画も、かけ流しも、オンライン英会話もiPad

で、現在どうかというと、モモちゃんは動画も好きですが、「保育園ごっこ」「赤ちゃんごっこ」「お絵描き」「塗り絵」「ブロック」でもいっぱい遊びます。

モモママが疲れていて、内心「動画を観て静かにしていてほしい」と思っていても、「一緒に保育園ごっこしよう!」と譲らないことも・・・

 

他の遊びをしているときも、YouTube kidsで動画を流し続けていて、これがモモ家の「英語のかけ流し」になっています。

 

オンライン英会話もiPadで受講しています。

www.momoeigo.xyz

 

 DWE批判になってしまうかもしれないけれど・・・

それから、みたこともやったこともないDWEの悪口を言うようで気が引けるのですが、

「お金をかけるなら物ではなく人に」

という考えもありました。

 

モモちゃんがママのお腹にいるころ、

  • ある調査によると、習い事をやっている子とやっていない子を比べると、やっている子の方が頭がいい(成績がいい)
  • そして、やっている習い事の種類はあまり関係ないようだ
  • 親以外の大人(=先生)に身近に接することが、子どもに良い影響を与える

という話を聞いて、それがとても心に響いたのです。

 

習い事で、技術を習得することももちろんだけれど、パパママジジババ以外の「信頼できる大人」「お手本となる大人」と接して可愛がってもらい、人間として成長してほしいと思うのです。

 

だから、高額な自宅教材は買わずに(買えずに)、その分お金を英会話教室にまわしています。

 

子どもオンライン英会話もいいですよ。

画面越しで、どこまでできるのかと思ったこともありましたが、きちんと英語を使わせてくれます。そして、機械的な応答ではなく人間同士の交流があり、子どもをよく見て褒めてくれます。

AI(人工知能)には代わりはできないだろうなー、と思っています。

 

 

 

余談:モモちゃんの本棚(英語育児以外)

残念ですが、「よい大人」だけでなく「悪い大人」がいることも、モモちゃんに教えなければなりません。

以下の二冊はお勧めです。

 

わたしのはなし (おかあさんとみる性の本)

(クリックするとアマゾンに飛びます) 

 

さらば、悲しみの性―高校生の性を考える (集英社文庫)

(クリックするとアマゾンに飛びます)