英語育児1年半 3歳半児の日本語の発達

英語育児 日本語の発達の記録(3歳半)

英語育児をしているからこそ、日本語の発達はより注意深く見守らなければなりません。

 

2歳から英語育児を始めたモモちゃん(3歳半)の日本語力はこんな感じ。

  • 日常会話は問題なくできる
  • 大人とだけでなく、同じ年頃のお友達ともなにやら楽しそうにお話する
  • 自分の意思が通らないときに泣きわめくことが減り、理由を説明したりして言葉で交渉するようになってきた
  • 大人同士の会話に耳を傾けていて、自分の意見を言うことがある(休みの日にどこに行くかなどの話)
  • 自分で簡単な「お話」(物語)を作って、話して聞かせてくれる
  • ひらがなは、「読める文字がある」レベル
  • 「今日ほいくえんで何したの?」という質問には流暢に答えられず、ひとつふたつ、その日のイベントを話す程度

 

 英語育児中の3歳半 日本語の文法で気になるところ

文法では、「あげる」と「くれる」を混同することがあります。

「ママが〇〇してくれた!」と言うべきところを、「ママが〇〇してあげた!」と言うことがあります。

 

また、「手が届かない」と言うべきところを、「手がとどけない」ということがあります。

 

それから、この前、「ママのお皿、モモちゃんと同じお皿だね」と言いたくて、「モモちゃんと同じのお皿だね」と言っていました。

 

英語育児  日本語を話しているときに英語が混じる問題

モモちゃんは、日本語で話しているとき、名詞が英語に置き換わったり、英語の形容詞や副詞が混じったりします。

「dinosaurだ!」

「gentlyに触ってね」という具合です。

 

こういう話し方は「ルー語」と呼ばれたりして嫌がられることが多いのですが、モモママとしては、「英語が混じるのは自然」というか、当然というか、無理もないことだと思っています。3歳だし。

話しているときに方言が混じってしまうような感じです。

 

もちろん、好ましくないので、さりげなく言い直したりしますが、あまり言い過ぎると日本語英語を問わず「話すこと」が嫌になるかも、と思って、試行錯誤です。

 

あと、感情が高ぶると、日本語で話しているときでも

「I’m angry!」

「excited!」

「funny!」

ということがあります。

 

今のところ、心配していない

他のお子さんと比べる機会がないので、モモちゃんの日本語が遅れているかどうか、判断がつきません。でもまあ、全体としてモモちゃんの日本語力に満足しています。

 

3歳過ぎたら赤ちゃんぽさがなくなると聞きましたが、本当に子どもらしく、人間らしくなってきました。

 

おすすめ!くもんの「ひらがなカード」 

ひらがなカード 第2版―0歳から