久しぶりのオンライン英会話

オンライン英会話を拒否したモモちゃん

この前のオンライン英会話は大変でした。

 

モモちゃんが、レッスン中、先生のお話に取り合わずに勝手なことを話す、画面前から逃げ出す、なら、まあよくあることですが(これも問題ですが)、この前は、Skypeの画面を消してYouTube(英語)を観はじめました。

ãã¬ããè¿ãã§è¦ã¦ããå­ä¾ã®ã¤ã©ã¹ã(実際にはiPadです)

iPadをがっちり抱え込み、モモママが声をかけても生返事。

モモママは、スマホで先生にSkype電話をかけ、事情を話して謝りました。

 

先生は笑ってくれましたが、英語の動画を見るのはいいことだとかなんとか、慰めてくれましたが、

モモママの心はポッキリ折れました。

 ã¬ãã«ãªãã¦ãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 

これまでなら、モモちゃんがレッスンに集中しないと言っても、先生のお話は耳に入っていました。

 

英語で質問されれば(口に出しては答えなくても)、脳は無意識に答えを考えるだろう、脳の英語回線が刺激されるだろう、それで十分に意味がある、というのがモモママの考えでした。

それなのに、モモちゃんときたら、先生のお話を完全拒否・・・

 

モモたんがやりたくないなら、もういいよー

 

オンライン英会話レッスンを、2回休みました。

空いた時間で、モモちゃんと銭湯に行ったり、焼肉を食べに行ったりしました。

 æ¸©æ³ã«å¥ãç¿ã®ã¤ã©ã¹ã

モモママはリフレッシュ!

モモちゃんはどうかな?

 

久しぶりのオンライン英会話

久しぶりのオンライン英会話レッスンの日、モモママは、万全を期して、モモちゃんの大好物、干し芋を準備しました。

iPad前に干し芋を置き、モモちゃんを呼びます。

モモママ「干し芋を食べていいよ。もうすぐA先生からお電話かかってくるから、お話しようね!」

モモ「うん!」

 

モモちゃんが、クリスマスの歌を歌いながら干し芋を食べていると、電話がかかってきました。

A「モモー!」

A先生は、モモちゃんと一緒に、クリスマスソングを歌ってくれました。

A「モモの家では、クリスマスツリーを出した?」

モ「Not yet!」

(※モモ家にはクリスマスツリーはありません。ごめんモモちゃん)

 ã¯ãªã¹ãã¹ããªã¼ã飾ãä»ãã家æã®ã¤ã©ã¹ã

それから、A先生は、モモちゃんに、好きな食べ物や好きなおもちゃなどを尋ねました。

モモちゃんが、まあまあ先生の話を聞いて、答えているので、モモママは気配を消しつつ、台所に行って皿洗いなどをしました。

 

モモちゃんは、レッスン中、ママに話しかけるときも英語を使いました。いい感じです。

 

オンライン英会話を無理なく楽しく続ける

モモちゃんは3歳、まもなく4歳になります。

 

通っている保育園のお友達も大きくなりました。

この前保育園に行ったら、かつて、宝石のようにかわいい赤ちゃんだった男の子たちが、それはそれは力強く楽しそうに、「○○○!」「●●●!」「×××!」と叫んでいました(排泄物のため自主規制)。

ものすごい成長を感じました。排泄物連呼に。

 

モモちゃんも、成長と共にいろいろ変わっているはずです。

オンライン英会話を、無理なく楽しく続けられる方法(頻度など)を探っていく必要があるなー、と思いました。

 

モモちゃんが見ていたYouTube kids(英語版)については、こちらの記事をどうぞ

www.momoeigo.xyz