幼児のオンライン英会話 継続するコツ

前の記事:幼児のオンライン英会話 どの先生がいい? - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

モモちゃん(3歳)は、なんだかんだと一年以上、オンライン英会話を続けています。

だんだん上手に受けられるようになった

初めはiPad画面の前にいられず、テーブルの下に逃げたりして、ひどい受講態度でした。

 

そのうち、先生の言葉をリピートする形で、1レッスンで1単語くらい、英語の単語らしきものを発するようになり、「お名前は?」などの定型的な質問に定型的に答えられるようになりました。

 

英語動画のおかげでアルファベットを覚え、わかる単語もだんだん増え、今では先生とのあいだで、まあまあ会話らしきものが成立しています。

 

コツは、レッスンを日常に組み込むこと

オンライン英会話を続けるコツは、レッスンを日常の中に組み込むことだと思います。

 

部屋が散らかっていても、子どもの機嫌が悪くても、親が部屋着でノーメイクでも、時間になったら気にせずレッスンを受けましょう!

私ははじめ、

「モモ家のひどい散らかりっぷり、(私の)昔からの友達だって知らないのに、遠いフィリピンに住む初対面の先生にバレてしまった…!」

と思ったりしたものですが、今ではすっかり開き直っています。

 

いつも先生に「夕ご飯は何を食べた?」と聞かれますが、堂々と「ナットウゴハン アンド ミソスープ!」と答えさせています。

日常に組み込むのですから、背伸びして自分をよく見せようとしてはうまくいきません。

「テレビをつける」くらいの感覚で、スカイプのスイッチを入れましょう。

 

子どもがレッスンのあいだ、ずっと泣いていても、ふざけて集中しなくても、とにかく「生の英語」に触れられたからよしとする。

先生の英語に、子どもがなんらか反応すれば、万々歳!その場で頭をなで、「すごいねー!」と褒める。

 

モモ家は、こんな感じでしたが、いつのまにか、けっこう、喋れるようになっていました。

 

 次の記事:幼児のオンライン英会話 オススメの理由 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語