モモちゃんのピアノ ごほうびシールシステムがおかしなことに!

モモちゃんのピアノ 前の記事:ピアノを始めて2週間の3歳児の様子 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

一人で「ピアノの練習」をするモモちゃん(3歳)

モモちゃん(3歳後半)のピアノ練習は、おかしな方向に進んでいます。

 

モモ家では、モモちゃんがピアノを練習するたびに、台紙にご褒美シールを貼って、シールが30枚たまったら、特別なごほうび(ちょっとしたお菓子とか)をあげる、というシステムにしています。

 

※シール台紙は、「ぷりんときっず」様(幼児・小学生の無料プリント | ぷりんときっず)からダウンロードさせてもらっています。

print-kids.net

 

このところ、モモママは、モモちゃんのピアノの練習の監督に疲れていました。

自分がピアノの練習をする夢まで見ました。簡単な曲なのに弾けずに苦しむという夢・・・

 

ピアノ練習の監督がつらいことについての記事:

www.momoeigo.xyz

 

そこへ、モモちゃんが、なんの気まぐれか「自分で練習する」と言い出したので、好きなように弾かせていたのです。

 

すると、

①適当にピアノに触って音を出す

②ご褒美シールを貼る

③適当にピアノに触って音を出す

④ご褒美シールを貼る

f:id:momoeigo:20181027073531p:plain

ということを、5分間くらいの間に30回、もくもくとこなして、「終わった!」といい、ごほうびを欲しがるようになりました。

 

うーん、考えていたのと、ちがう。

(1日にシール1枚、1か月に1回ごほうび、と考えていました)

違うけど、まあいいか。

 

テキトウナマケモノママは、あっさり軌道下方修正。

â 

育児には逆転の発想が大事

ピアノの練習をさせている、と思うから「とんでもない!」という感じになるのであって、

ピアノ遊びと、指先遊び(シール)をさせていると考えればいいのです。それと、楽しいお菓子の時間(ごほうびお菓子)と。

 

まだ3歳、ピアノ=楽しいというイメージが、将来に人生にプラスになるでしょう・・・と、そういうことにしておきます。

 

ところで、「ぷりんときっず」はおすすめです

ところで、ぷりんときっず様は素晴らしいサイトなので、幼児~小学校低学年のお子様を持つ方は是非見てみて下さい!

print-kids.net

 

【紹介】英語のワークブック

「ぷりんときっず」様には、英語のプリントはあまりないので、こちらのワークブックはいかがでしょうか。

ABC Workbook: Ages 3-5 (Collins Easy Learning Preschool)

(クリックするとアマゾンへ飛びます)

 

モモちゃんのピアノ 次の記事:「語りかけ」育児式 ピアノの練習 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語