いざ、英会話スクールへ

子ども英会話教室を探す

モモちゃんが2歳になり、英語の動画を楽しみ始めた頃、ママは次なる一手として、モモちゃんの英会話スクールを探し始めました。

f:id:momoeigo:20180523123830p:plain

 

子ども英会話教室を探すときに重視したこと

重視したのは以下の点です。

 

先生がネイティブの外国人であること

 

なんといってもモモちゃんは日本語もおぼつかない2歳児です。週一回のレッスンで英語を話せるようにしてほしいなんてムリムリだということはわかっていました。

英会話スクールでは、

・肌や髪の色が違う「外国人」という人がいる

・「外国人」は英語を話す

・「外国人」は優しくて楽しい

ということを学んでほしいと思いました。

 

で、選んだのが「きのこ英会話教室(仮名)」です。なにかと英語・英会話がもてはやされるこのご時世ですが、先生がネイティブの外国人で2歳児を受け入れてくれる教室はそれほど多くなく、選択肢はあまりありませんでした。

 

子ども英会話教室 体験レッスンのようす

体験レッスンの日、ママとパパは、ドキドキできのこ英会話教室の門をくぐりました。なにしろ、これが初めての習い事です。保育園には通っていましたが、モモちゃんがどんな反応を示すか、果たして…

 

ギャー!!

 

泣きました。

æ³£ãã¦ãã女ã®å­ã®ã¤ã©ã¹ã

場所見知りなのか、外国人の先生が怖かったのか、ママにしがみついて離れません。同じ年頃の、他のお子さんたちは、英語の歌に合わせて体操したり、先生が持っている絵カードに見入ったり…その間、モモさんは入り口ドアを指差し、

「かえる、かえるー!」

カエルじゃないですよ。家に帰りたいと泣きました。先生の話なんて聞いちゃいません。

ã«ã¨ã«ã®åå±ã®ã¤ã©ã¹ã1

 

「モモちゃんにはまだ早かったか…」

結局、ママにしがみついたまま体験レッスンが終わり、ママとパパは肩を落としました。

すると、そこへ、教室の日本人スタッフがすすすと近づいてきました。

「きのこには、親子クラスもありますよ!」

そう、モモちゃんが体験したのは、子どもだけでレッスンを受ける2〜3歳児のクラスだったのですが、きのこ英会話教室にはその他に、親子クラスもあるのです。ただ、親子クラスはもっと小さい子向けだったような??

それからどう話が進んだのか、忘れてしまったのですが、とにかく、モモちゃんはきのこ英会話教室の親子クラスに入門することになりました。