おすすめ!おうち英語にはYouTube キッズ

みんな大好きYouTube

動画といえばYouTubeです。

子ども向けYouTubeである、YouTube Kidsというアプリがあるのですが、これがおうち英語におすすめです!

モモ家でも、前の記事に書いたAmazonプライムビデオ、Netflixなど、いろいろ動画サイトを試しましたが、今はYouTube Kidsがいちばん!と感じています。

私がYouTube Kidsに着目したきっかけは、去年(2017年)の「YouTube Kids 日本版アプリ配布開始!これまでアメリカ版だけだったのが、日本版が使えるようになりました!」というニュースでした。

YouTube Kids は、YouTubeのなかでも子ども向けの動画を集めたもので、子どもの年齢に合わせた動画を選べ、広告もないし、視聴のしすぎを防止するタイマー機能もある、親の判断で特定の動画をブロックすることもできるとのことでした。もちろん無料です。

 

スポンサーリンク

 

アメリカ版のYouTube Kidsを使いたい

これ!これいいじゃん!

これのアメリカ版を使いたい!アメリカのキッズが観ているのと同じ動画を見られるんでしょ!どっからどうみてもニッポンのワラシであるウチの子が!

 

せっかく日本版ができたというお話だけれども、私はアメリカ版のYouTube Kidsを見る方法を血まなこになって探しました。

そして発見しました。その方法を…

 

① 普通にYouTube Kidsをダウンロードする 

AppStoreで入手できます。

②iPad本体の「設定」→「一般」→「言語と地域」から、「アメリカ合衆国」を選択する

 

アメリカの子どもが見ているのと同じ動画を見られる

これで、iPadでYouTube Kids のアメリカ版を見ることができます。(iPhoneでも同じ)

アメリカ版YouTube Kidsでは、当然ですが、出てくる動画、出てくる動画みんな、「子ども向けの英語の動画」です。歌、アニメ、子ども番組など。「子どもが触って不適切な動画を見てしまったらどうしよう」「日本語の動画は見せたくないな」などとやきもきする必要はありません!

動画を選ぶのも、子どもに自由に任せることができます。やっぱり、好きなものから学ぶのがいちばん効率がいいと思うんです。高い英会話スクールよりアメリカ人の恋人、高価な英語教材セットよりYouTube Kidsです。

動画数は無限!?YouTube Kidsなら飽きしらず

よく、「子どもが小さいうちは英語教材のDVDを観ていたけど、大きくなったら飽きて他のテレビやDVDを見たがるようになった」という話を聞きますが、YouTubeなら飽きしらず…かも?

まあ、ときにはあまり見せたくないもの(無音の動画とか)もありますが、そんなときはさりげなくサクッとブロック。

日本ではほとんど知られていないけど面白い英語動画がたくさんありますよ!