【もうすぐ1年生】英語自力読みの様子 1 と、日本語を守ること

※本ページにはプロモーションが含まれています。

自力読み成長記録 前の記事:5歳の英語 自力読みの様子29 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

モモ(年長6歳)の英語の「読み」の取り組みは、少し停滞期です。

英語絵本はたまに読むという感じです。

 

私の方から、絵本読みを促すということもありません。

 

ほんの少し、英語のリーディングのプリントを、週に3~4枚くらい、やっています。

www.teacherspayteachers.com

 

プリントに出てきた単語を「書く」ことも、たまにしますが、気まぐれです。

 

夜寝る前は、パパに英語の絵本を読んでもらうことが多いです。

 

ハリーポッターが大好きなので、この絵本↓ 

LEGO Harry Potter The Magical Guide to the Wizarding World

 

これをよく、読んでもらっています。

モモが何ページか、自分で読むこともあります。

 

そんな具合の毎日です。

たくさん読んでいるとは言えません。

少しずつでも読み続けているので、まあまあでしょうか。

ぼちぼち、続けていこうと思います。

 

 

「読む」ことについては、これ以上書くことがないので、「話す」ことについても書きたいと思います。

モモは半年前(5歳半くらい)から、ぐん、と英語で話す力がつきました。

 

たしか、2歳や3歳の頃も、英語で独り言を言っていたと思うのですが(年齢的に独り言を言いやすい時期)、最近もまた、英語で何か言っていたり、私に英語で話しかけたりすることがあります。

 

私は絶対日本語を守りたい一心で、モモとはほとんど英語で話しません。

 

そもそも、モモの英語のレベルが高すぎて?自己流英語だから?なんて言っているかわからないことも多いです。

モモは正しい英語を使っているけれど私がわからないだけなのか、モモの英語に問題があるのかすら、わかりません。(そこんとこ、大事だと思うのですが、わからないものはわからないのです。)

 

流暢っぽい雰囲気だけはだしています。

 

私が日本語で返しても、わからないと言っても、しばらく英語で話し続けることもあります・・・

 

私は、もう海外承継日本語教育(現地語のほかに日本語も教えること)をしているかのような錯覚に陥ります。

 

(もちろんモモは日本に住み、日本語だけの地域の保育園に通っています。)

 

私は、英語がわかるけれどわからないふりをしているのではなく、本当にわからないので、モモにはぜひ日本語で話してもらいたいものです。

 

モモには日本で高等教育まで受けてもらわないといけないので、日本語を守るのは、絶対譲れないラインです。最終防衛ラインです。

英語が伸びるのは大変喜ばしいことではあるけれど、英語のために日本語の成長が妨げられることがあってはならないと、思っています。

 

日本人の社会人として一応オッケーなレベルの日本語ではなく、人一倍豊かな日本語の使い手になってほしいとすら思っています。

 

ですから、英語の動画を一緒に見ているときも、私は遠慮なく、日本語で感想や合いの手を入れます。

モモが「lava」という単語を使うのを聞いたら、わざとらしいくらい「溶岩だね~!」と言ったりします。神経がすり減ります。

 

lavaって・・・私は新婚旅行でハワイに行くまで知らなかったよ・・・

 

英語をやらせる以上、日本語も責任をもって育てなければならないと思っています。

 

 

そういえば、モモは日本語の本を読むのは上手です。

保育園では、カルタの読み手に推薦されたり、せがまれて年下の子に絵本を読み聞かせたりするそうです。

そういうことを聞くと、少し安心します。

 

漢字はまだほとんど読めませんが。

カタカナを書くのも練習中です。

 

自力読み成長記録 次の記事:初めてのチャプターブックに!Katie Woo - 英語育児―モモちゃんの子ども英語