初めてのチャプターブックに!Katie Woo

自力読み成長記録 前の記事:【もうすぐ1年生】英語自力読みの様子 1 と、日本語を守ること - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

英語絵本をよく読めるようになったら、次はチャプターブック!

私はその気満々で、いそいそと本棚に

Nate the Great


Ruby the Red Fairy: The Rainbow Fairies Book 1 (Rainbow Magic) (English Edition)

などを並べているのですが、

モモ(年長6歳)は全然興味を持ちません。

 

この2冊は、もう半年以上、本棚で静かに出番を待ち続けています。

 

モモを観察して気がついたのですが、

モモは、全編カラーの絵のついた絵本しか、食指が動かないようなのです。

Monsters, Inc. Little Golden Book (Disney/Pixar Monsters, Inc.)

実際のレベルにかかわらず、絵が白黒で、紙がわら半紙みたいな紙の本は、難しいつまらないと決めているようなところがあります。

 

これはもう、モモの成長に伴いストライクゾーンが広がるのを待つしかない、日本語で児童書を読むようになれば英語でもチャプターブックを読むだろう、と思っていたのですが、

 

最近、「アーリー・チャプターブック」というジャンルの洋書があるのがわかり、試してみました。

Look at You, Katie Woo! (English Edition)

 

これは、絵本とチャプターブックの中間のような本です。しっかりした紙質の紙、全編カラーの絵に、大きい文字の易しい英語で、25ページほどのお話が4つ入って約100ページの本です。

本当の意味では、チャプターブックとは言えないかもしれません(アマゾンにはそういうレビューもありました)。でもとにかく章立てされてはいるので、チャプターブックはチャプターブックです。

 

これは、モモのお眼鏡にかないました。

読みました。

プリンセスも魔法使いも出てこない、子どもの日常を描いた本です。

私は喜んで、同じシリーズの別の本も、注文しました。

 

日本に在庫のない本だからか、注文してから届くまで、1ヶ月くらいかかります。

でも、1ヶ月で本が届くということに、感謝すべきなのでしょう。

選択肢の多い時代になりました。

ちょっとの手間で、何でも子どもに与えることができます。

ありがたいことです。