【もうすぐ1年生】自力読みの様子5

モモ(年長6歳)は、毎日(正確には週に5日)リーディングのプリントをやり、読みたいときに英語の本を読んでいます。

変わりばえのしない毎日ですが、モモが英語の本を読んでいるのを聞くと、少しずつ少しずつ上達しているのがわかります。

 

例えば、5か月前に買ったこの本。 

Onward Little Golden Book (Disney/Pixar Onward)

Little Golden Bookのシリーズとしては文字が小さく、情報量が多めです。

買った当初は読みませんでした。

それが、5か月たった今では、何でもないように読むようになりました。

 

それでも、まだチャプターブックは読みません。

チャプターブックの読み聞かせなら嫌がらないので、少しは進んでいるかな?

 

 

最近は、お遊び主体でなく、レベルの高い子ども向け英語教室も増えてきました。

お金と時間があれば、いくらでも英語塾にでも何でも通わせてあげるのに、と思うことがあります。

 

海外経験もなく、塾にも通わずに、おうち英語だけでこんなにできるようになった!というのはお話としては面白いですが、

実際には、

「おうち英語だけでどれだけできるかやってみよう」なんて、無用なしばりプレイなんです。

 

お金があって、子どもの負担にならず、成長の助けになるなら、塾に通わせた方がいいし、海外体験もたくさんさせた方がいいと思います。

 

「おうち英語だけにしては」すごいでしょ、と言ったって、実際の英語力をはかるときにそれが加点事由になるわけではありません。

 

しかし、ないものねだりをしても仕方ありません。

この上英語塾にやるお金はないし、共働きのわが家では時間的余裕もなく、モモができる習い事は限られます。

おうち英語で頑張るしかありません。

 

関連記事:英語育児にかかる費用(うちの場合) - 英語育児―モモちゃんの子ども英語