【もうすぐ1年生】自力読みの様子6

英語の読書といえば、ずっと、ディズニーなどのキャラクターの絵本が中心だったモモ(年長6歳)。

しかし、小学校入学を前にして、キャラクターものでない、絵本でない、「お話の本」に興味を示すようになってきました。

 

Katie wooのシリーズ


Cowgirl Katie (Katie Woo)

これは、絵本とチャプターブックの間のようなシリーズです。簡単なので、モモが自分でスイスイ読めます。

 


Lizzie Zipmouth

これは初級のチャプターブックです。約80ページと短く、絵も多いですが、絵本ではありません。白黒で、外国のペーパーバックにありがちなわら半紙みたいな紙の本です。

ちょっと前のモモなら興味を示さなかったと思います。しかし、今は喜んで読み聞かせを聞いています。

自分では読まないですが・・・そこはまあ、おいおい様子を見て促してみようと思います。

 

日本語で、(絵本ではなく)物語の本、児童書を読み始めたことが、英語の読書の幅が広がったこととつながっていると感じます。

 

また何冊か、モモが自分で読めそうな本、読み聞かせたら喜びそうな本を注文しました。

 


My Weird School 1: Miss Daisy Is Crazy! (My Weird School, 1)


Mercy Watson to the Rescue

 

モモがいよいよ、厚い本を読むようになってきたので、私のテンションも上がっています。

赤ちゃん向けの本でも、小学生向けの本でも、日本語でも英語でも、モモが読みたいと思う本は好きなように読ませ、

一方で私はより一層、読み聞かせに力を入れようと思っています。

英語の方は、そろそろ大変になってきましたが。

モモがもういいというまで、読み聞かせてやりたいと思います。

 

ところで、うちはあまり図書館に行かないのですが、この前久しぶりに地区センターの図書コーナーにモモを連れて行きました。

モモは絵本大好きなので、喜んで本を選んで読み始めて、それは良かったのですが、モモはいつものように音読するのです。

他の子どもはもう少し大きい子ばかりで、皆静かに読んでいます。

うるさいのか、モモのことをチラチラ見る子もいました。

私はモモに「心の中で読むように」言ってみたのですが、モモは嫌がり、小さい声で読むということになりました。

でも、迷惑なのではとそわそわしました。

まだ小さいから・・・で許してもらえることなのでしょうか。

モモが早く黙読を覚えてくれるようにと、思いました。