チャプターブックを読み聞かせる2

前の記事:チャプターブックを読み聞かせる - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

モモ(年長6歳)が、英語のチャプターブックを読むまでの橋渡しになるようにと、私がモモにチャプターブックを読み聞かせています。

Dory Fantasmagory

この本は160ページ、7300語くらいのボリュームです。

読むのはちょっと大変ですが、楽しいです。

児童書を読むのは、絵本を読むより、楽しいかもしれません。

モモも気に入ったらしく、おとなしくよく聞くので、3日くらいで読み終わりました。

 

モモの反応が良かったので、このシリーズの次の本も注文してあります。

Dory Fantasmagory: The Real True Friend

しかし、洋書だからか、到着まであと2週間はかかるそうです。

すぐ手に入ったらいいのに、と思ってしまいます。

いかんいかん、贅沢ですね。

 

それまでは、別の本を読み聞かせようと思います。

日本語の本でも。

長くつしたのピッピとか、いいかもしれません。

長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))

 

モモはいつ、自分でチャプターブックを読み始めるでしょうか。

前は「早く読んでほしい」と思っていましたが、読み聞かせが楽しくて、しばらくこのままでいいかな、なんて思っています。

私の勉強にもなります。

自分だけのために読むなら投げ出してしまいそうな本も、

モモに読み聞かせる、という名目があるので、読み続けられます。

 

ネイティブの子どもでも、チャプターブックを自分で読み始めるのは小学校低学年ころからということなので、焦らず読み聞かせようと思います。