娘(小1)に買い与えた洋書たち

モモ(小1)がちょっと英語を読めるようになって以来、私は舞い上がってモモにたっくさんのチャプターブックを買い与えました。

その中で、モモが興味を持たなかった本を紹介します。

 

どれも楽しい、いいお話です。

皆様のお子様のおめがねにはかなうかもしれません。

 

・可愛いいぬとねこのお話

全く興味を示さず。

 

 ・イラストがたくさんの楽しいお話

全く興味を示さず。

 

・おじいさんとネコ、隣人のお話

全く興味を示さず。

 

・有名な児童作家の手によるお話

1回読んだけれど別に面白がらなかった。

 

子どもが夢中になるという触れ込みのお話

ちょっとだけ読んだ。

 

・すごく面白いとされるお話

ちょっとだけ読んだ。

 

・見るからに面白そうなお話

ちょっとだけ読んだ。

 

・子どもが夢中になる!と評判のお話

1回読んだけれど別に面白がらなかった。

 

簡単なのに深いと高評価のお話

全く興味を示さず。

・定番で人気のお話

ちょっとだけ読んだ。

 

・これは良さそう!と私が思ったお話

全く興味を示さず。

 

どれも、モモによさそう、と思って買った本ですが、

けっこう撃沈しています。

モモが少しは気に入った本:ダメな本の割合は、4:6か、3:7くらいかもしれません。

 

3割・・・

 

それも問題ですが、

さらに困るのは、モモが少しは気に入る本と、そうではない本の違いがよくわからないことです。

 

「こういう本が好きなんだ」と分かれば、選びやすいのですが。

 

まあ、読まない本も、そのうち気が向いて、読むかもしれません。

 

私が最近、

「これはモモ、絶対気に入るはず!」と思って注文したのは、 

Heidi Heckelbeck Has a Secret (English Edition)

です。

モモに与えるのが楽しみです。

(と、いつも思っては、撃沈するのですが)