中国語のかけ流しを続けています(小1)

モモ(小1)が小学校に上がって2ヶ月。

 

3歳半からやっている中国語ですが、

入学当初のあまりの慌ただしさに、「もう中国語やめようか」と思ったこともありました。

でも、なんとか続いています。

毎日30分、できないときは15分、それも無理なときは5分でも、中国語のアニメをかけ流しています。

 

相変わらず、これ↓

Little Fox Chinese

 

月400円です。

もうずーっと、このアライグマ(?)の家族のストーリーを流しています。

 

モモの耳に刺激になっているといいなあと思います。

 

のちのち、モモが中国語やりたいと思ったときの助けになれば、と思っています。

というのも、私は外国語が結構好きで、10代20代のころは、あれこれ外国語の入門書を読んでいました。(韓国語、中国語、ドイツ語、ロシア語など)

モモもいずれやりたくなるかなと思ったのです。

 

しかし、当たり前のことですが、モモと私は別の人間です。

私は子どもの頃から読書が趣味なのですが、

このところ、モモが「本にそれほど興味を示さない」「本を別に読みたがらない」様子を目の当たりにして、ああ、モモは私とは別の性質を持った、別の人間なのだと、はっきり示されました。

 

すると、モモは私と違って、別に、中国語なんか、一生関心を持たないかもしれないわけで。

そうすると、私は一体何をやっているのか、無意味なことなのか。

 

しかし、まあ、モモが将来何に興味を持つかなんてわからないのです。

親ができることをするしかない。

子どものためになりそうなことで、親が無理なく、ストレスなくできることを。

 

というわけで、中国語、続けています。

 

アニメをかけ流していても、モモは別に嫌がりません。

全く気にもしていない感じです。

しかし、聞いていないように見えても意外に聞いているのがモモです。

この前など、「〇〇というキャラクターは、〇〇な性格なんだね」という趣旨の話をして私を驚かせました。

 

かけ流しをする時間がある限り、続けようと思います。

 

ほかに、音楽と、九九のかけ流しもしています。

 

音階に親しむように。

音感ドレミファソラシド

 

 九九に親しむように。

コロムビアキッズ うたって! あそんで! おぼえる 九九・英語・県庁所在地

 

モモはのんきに遊んでいますが、私はせっせとかけ流しを続けています。