Heidi Heckelbeck と音読のレッスン

モモ(小1)は、自分ではあまり本を読みませんが、寝る前に読み聞かせてもらうのは大好きです。

私は、

(モモが「おやすみなさい」とベッドに入って、勝手に寝てくれたらどんなに楽だろう)

と頭の半分では思いつつ、読み聞かせの時間が貴重なのは事実なので、毎日寝かしつけの読み聞かせをしています。

 

今、モモが好きなのは、Heidi Heckelbeckです。

Heidi Heckelbeck Has a Secret (English Edition)

 

ハイジは8歳の女の子、家族は両親と弟、学校には仲のいい友達も、意地悪なクラスメートもいます。

そんな、一見どこにでもいる子どもであるハイジですが、実は、魔女で、魔法が使えるのです・・・!

というお話です。

モモは気に入っています。

今、4巻まで読み聞かせました。 

Heidi Heckelbeck in Disguise (English Edition)

 

まだ4巻までしか読んでいませんが、だいたい

  1. ハイジが何らかの事件(いじめっ子にいじめられるなど)に巻き込まれる
  2. 魔法で何とかしようとする
  3. 魔法のやり過ぎ、失敗など
  4. 反省する

という流れで、なんとなくドラえもんのパターンと似ています。

魔法といっても、ドラえもんの道具的な気軽なものなのです。

 

33巻まであります。

 

 モモが気に入っているので、このHeidi Heckelbeck でモモの音読を始めることにしました。

モモに本を渡し、読ませるという取り組みです。

ただし、私が傍について聞いているだけでは、親子ともに甘えが出るので、新しくオンラインの先生をお願いしました。

先生には、モモの音読を聞いていただき、内容にかかわる簡単な質問をして下さるよう、お願いしました。

 

この前、初めてのレッスンがありました。

先生は日本人で、あら素敵、いかにも先生という感じで、自信をもってモモをリードしてくれました。

フクロウ博士のイラスト

モモも、よく読みました。

良さそうなので、2回目もお願いしました。

週1回くらいで続くといいな、と思います。

 

お金がかかるけれども・・・

 

  1. 学童保育 20,000円
  2. ガウディア(プリント学習教室)が13,200円
  3. リトミック+ピアノで7,000円
  4. 実験教室が5,000円
  5. オンライン英会話が12,000円くらい
  6. 音読レッスン(続くとしたら)7,000円くらい
  7. それから、英語の本代が8,000円くらい

 

ざっと72,200円/月。

請求書を見てショックを受ける人のイラスト

ちなみに、1~3は家計からですが、4~7は私の財布から出ます。

がんばって働かなくちゃ。

 

週に30分足らずの読書時間では少ないかとも思います。

アメリカの小学生は、毎日15分とか30分、本を読む宿題が出るそうです。

しかし、とりあえずこれで満足することにします。