モモが好きな英語の本(~小1前半)

※本ページにはプロモーションが含まれています。

洋書多読(小1)前の記事:英語のある毎日(小1) - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

モモ(小1)に英語の本を読ませようと、手を変え品を変え働きかけ続けたためか、最近ではモモが好きな本もぽつぽつ見つかるようになりました。

 

まず、モモが年長の冬から読み始めたのが、

Dory Fantasmagory

のシリーズ。

自由奔放な女の子ドリーの日常や空想の世界を楽しむお話です(5巻)。

ドリーがいつも真剣で、しかし意図せずいろいろなトラブルを巻き起こすのが面白いところです。

 

ただし、読み始めたと言ってもほとんど私の読み聞かせです。

たまに気が向いたときに、モモが数ページ読んだり、私と1ページずつ交代しながら読んだりしました。

 

 

小1の春頃から読みだしたのが、

Heidi Heckelbeck Has a Secret (English Edition)

普通の女の子、でも魔法を使えるハイジ・ヘックルベックのお話です。

33巻まであります。

 

この本は、オンラインでお願いしている音読レッスンの教材にしているので、週に1~2章ずつ読んでいます。

 

その他はだいたい私の読み聞かせで、その時にたまに気が向いたらモモも少し読みます。今14巻まで読みました。

 

 

それから、夏休みに入ってからモモにヒットしたのが

Game Over, Super Rabbit Boy! (Press Start!)

ゲームの世界で主人公のウサギが活躍するストーリーです。

ゲーム風にアイテムをゲットして悪者を倒したりします。

ちゃんと調べていませんが、8巻くらいあるシリーズものです。

 

難易度的にはドリーやハイジより簡単で、カラーで親しみやすく話自体も短くすぐ読めます。

モモが笑ったり興奮したりして楽しそうに読むので、これは買ってよかったと思っています。

これも私と1ページずつ交代で読むのがモモのお気に入りの読み方です。

 

 

このほかにもいろいろ買いましたが、全く見向きもされないものもたくさんありました。

関連記事:娘(小1)に買い与えた洋書たち - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

モモが、読んでいて楽しいと感じる本にたくさん出会って、少しずつ本といい関係を築いていってくれればと思います。

 

洋書多読(小1)次の記事:時々チャプターブックを黙読する(小1) - 英語育児―モモちゃんの子ども英語