娘の成長を感じたこと(英語関係)

※本ページにはプロモーションが含まれています。

英語多読をされている方々のなかで高く評価されている、

Marvin Redpost 1: Kidnapped at Birth?

という本があります。

 

英語がそれほど難しくなく面白い本ということで人気なのです。

 

私も名前だけは知っていましたが、

モモ(小1)にはまだ難しいだろう、とずっと手をつけていませんでした。

 

でも、最近モモもだいぶ読むようになってきたし、そろそろいいかなと思い、ポチりました。

 

中を見ると、モモがこれまで読んできた本にくらべ、字は小さめ、絵は少なめ。

主人公の複雑な心情が豊かに描かれたりして、お話としても読み応えがあります。

印象ですが、Magic Tree Houseのシリーズの、真ん中位のレベルかなと思いました。

(Magic Tree Houseはシリーズが進むにつれ、だんだん難しくなります。)

 

今まで読んでいた本に比べると、ステップアップした感じがあります。

 

どうかなー、と思いましたが、あるオンライン英会話レッスンの時、あまり話が弾んでいなかったので、この本を渡してみました。

(モモがやる気がなかったり疲れていたりで、先生と会話が弾まないときには、洋書音読のレッスンに切り替えるようにしています)

 

そうしたら、ゆっくりめのスピードではありましたが、1章から3章まで読みました。

f:id:momoeigo:20211011135241p:image

そのレッスンが終わった後自主的に続きを読む、ということはありませんが、そこまで欲張らないでおきましょう。

 

 

また別の日のことです。

モモが映画を観に行きたい、と言い出しました。

映画館で

「シャン・チー テン・リングスの伝説」

を観ました。

マーベルの作品です。

モモはマーベル作品が好きなのです。

marvel.disney.co.jp

初めて見る映画で、2時間くらいありましたが、もぞもぞすることもなく、楽しく見ることができました。

 

私はもちろん字幕を読みましたが、モモは(まだ読める漢字が少ないので)、ほとんど英語音声だけで楽しんだと思います。

 

大人しく、内容を楽しめるようになったことに成長を感じました。

 

去年までは、アンパンマンでもプリキュアでも、面白いと言ってはキャーキャー、怖いと言ってはモゾモゾして、親をハラハラさせたものででした。

さすが一年生です。