ライティング 再び

※本ページにはプロモーションが含まれています。

モモ(小2)が小学校に上がったころから始めた英語の「書く」取り組み。

あれこれ手を出しては続けることができずに止めていきました・・・

 

オンラインでのライティングレッスンも辞めてしまいました。

 

それに、いま再び取り組んでいます。

 

きっかけは、モモに英検3級の過去問を解かせたことでした。

過去問を見て、3級くらいがモモにはいいかなと思って、試しに解かせてみたのです。

モモは興味深く取り組んでくれました。

たぶん、リスニングの前の選択問題30問を、15分~20分くらいで解きました。

しかし、ライティングは拒否。

リスニングはやりましたが、最後の方、リスニングの後半には、それ以上続けることを拒否。

「もうやらない!」と言って結構荒れました・・・

つまらなかったか・・・

 

試験を受けきれないのはモモの精神的幼さか・・・しかしとにかく解いたところだけでも採点してみようとやってみたら、なかなかよくできていました。正答率96パーセント。

 

もしかして、3級どころか準2級、2級も狙えるのでは??

金の卵のイラスト

 

しかし、そのためにはライティングが絶対必要です。

文法問題、長文問題はなんとかなるにしても、ライティングにはテコ入れが絶対必要です。

 

そういうわけで、私はまた新たなる取り組みを始めたのです。

ノートの見開き左ページに私が英検のライティング問題の模範解答を書きうつしておき、モモには右ページにそれをそっくり写させることにしました。

これならモモにもできるでしょう・・・

開いたノートのイラスト

このように正しい文を「書写」させることがライティング力の向上につながると、ネットに書いてありました!

 

しかし、モモも最近は忙しい。

学童・習い事に加え、チャレンジタッチを始めたので、家ではそれもやってほしい。

オンライン英会話もある。

 

ライティングの取り組みは週1~2くらいでのんびりと続けようと思います。

あと、モモの機嫌のいい時を見計らって、準2級、2級の過去問を解かせてみようと思います。