3歳児 習い事としての中国語(開始から3か月)

モモちゃんの中国語 前の記事:英語育児 プラス中国語 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

モモちゃん(3歳年少)の中国語の取り組み

モモちゃん(3歳年少)の中国語の取り組みは、細々と続いています。

  • 毎日30分くらい、中国語の歌をかけ流す。
  • 中国語のマンツーマンレッスンを月2回、各1時間。
  • たまに、タブレットで中国語のゲームをする。

というのが、その取り組みの内容です。

当然、これでは「中国語がグングン伸びる」というわけにはいきません。

 

中国語のアニメを見せようとしても、

モモ「中国語はわからない」

と言って嫌がります。

もうすぐ4歳、なじみの娯楽がたくさんあるので、「外国語の動画をみせる」といっても、英語のときのようには食いついてくれません(英語を始めたのは2歳になってすぐでした)。

 

ならば、と、「中国語がわかるようになるといいことがある」「中国語がわかるようになるためにちょっと頑張ってみよう」というお話をしてやる気になってもらおうとしましたが、これはまだピンとこない様子。

 

しかししかし、(モモママが)頑張って中国語の歌をかけながすうち、いくつか中国語の歌を覚えました。

その一つが、「三个和尚」という歌です。

タイトルは「三人の和尚さん」という意味です。

楽しい歌ですが、私も歌詞の意味はよくわかりません。三人の和尚さんが水を汲む話・・・?

モモちゃんも全くわかっていないはずですが、なんとなく覚えて歌います。

 

中国語の歌・アニメのおすすめアプリ↓

※「三个和尚」はありません

Little Fox 中国語

Little Fox 中国語

LITTLE FOX INC.無料posted withアプリーチ

 

「三个和尚」収録の、中国の子ども向けの歌のアプリ↓

儿童歌曲大全【宝宝早教学儿歌】

儿童歌曲大全【宝宝早教学儿歌】

serendipit無料posted withアプリーチ

 

中国語の個人レッスン

中国語の先生のレッスンには、イワコーのおもしろ消しゴムを使ってもらっています。

おもしろ消しゴムについては、この記事をどうぞ。

www.momoeigo.xyz

 

中国語の先生はやさしいし、お菓子をくれるので、モモちゃんは中国語レッスンを楽しみにしています。

初めの頃は、レッスンの間じゅう無言で表情が固かったのが、最近ではリラックスして声が出るようになりました。

といっても、単語をリピートする程度ですが。

音に耳を慣らし、中国語にいいイメージをもたせるという目的は、十分達成されているといっていいと思います。

 

本当は、カタコトでいいから、ちょっとはフレーズを話してほしい。

「これは何ですか」も「これはリンゴです」も、モモちゃんは言えません。

しかし、親が中国語を話せないのに、これ以上の目覚ましい成長を求めるのは、よくばりというものでしょう・・・

 

最近、保育園や他の習い事で、中国人のお母さんを見ることが増えてきました。

増えたというより、私が「中国人のお母さんだ!」と気付くようになったというのが正しいと思いますが。

「中国のかたですか?うちの子に、中国語やらせているんですよ!」

と言ってみたい気持ちが少しあります。

ただ、

「へえ、そうなんですか」

と言われた後、話が続かなそうで、話しかけるのをためらっています。

モモちゃんも私も、まともに中国語を話せるわけでもないし。

 

子ども向け 中国語ゲームアプリの紹介

中国語のゲームアプリは、これを使っています↓

Kids YAY - Learn Chinese

Kids YAY - Learn Chinese

Giant Balloon Digital, LLC無料posted withアプリーチ

 

楽しい中国語 Fun Chinese: 中国語学習

楽しい中国語 Fun Chinese: 中国語学習

Studycat Limited無料posted withアプリーチ

 

上のパンダのマークのアプリは、3歳児でも楽しめるシンプルなゲームです。

下のネコのマークのアプリは、少し難しいですが、扱う単語がぐっと増えます。

月2,3回くらいの頻度で、モモちゃんが思い出したときに遊んでいます。

 

「チャイ語入門」はおすすめです

3か月、中国語をやらせてみて、モモちゃんの中国語を伸ばすために、私も中国語ができる必要がある・・・というか、中国語がわかる方がいいと思ったので、この本を買いました。

チャイ語入門《CD付》:李先生の中国語ライブ授業

読みやすい本です。

サクサク読めます。