フランス語の歌CDと多言語育児の心構え

Baby's First Steps in French

フランス語の歌のCDが届きました。

Baby's First Steps in French

このCDは、対象年齢が0歳から2歳で、赤ちゃん向けです。

その分、雰囲気が優しくて温かい。ゆっくりゆっくり話してくれます。フランスの子ども歌や易しい会話文(語りかけ)のほか、フランス語の音に馴染むことに特化したトラックもあります。

 

知らない外国語を聞くと、身構えたり、意味がわからないことにストレスを感じがちですが、このCDは全くわからなくてもリラックスして聞くことができます。

もともと、言葉がわからない赤ちゃんが楽しめるように作ってあるのだと思います。

 

4歳のモモちゃんはもちろん、私もモモパパも、このCDが気に入りました。

 

夕刻〜寝る前の遊び時間のBGMにすることにしました。

 

3ヶ月〜半年くらい音になじんでもらって、それから様子を見ながらフランス語のアニメを見せたり、うまくいけば、フランス語のオンラインレッスンを受けさせたりしようかなと思っています。

 

多言語育児の悩み

モモ家では英語育児のほか、中国語、フランス語に取り組んでいます。

それぞれの言葉に十分な時間を取れないこと、時間の配分に気を遣うこと・・・が大変といえば大変です。

多言語育児は多子育児に似ているのかもしれません。

互いにいい影響を及ぼし合って、元気に伸びていってほしいと思います。

 

それとは別に、多言語育児がモモちゃんの頭に、過大な負担になるのではという懸念もあります。

私が心にとめている言葉があって、

「子どもの能力が、面白いように伸びるからといって、面白がって伸ばしていると、切れてしまう(つぶれてしまう)」

というものです。

心身の健康が第一です。

本人が楽しんでいるように見えたとしても、負担が大きくなっていないか、気をつけてみてやらなければならないと思います。

 

マルチリンガル育児の本 

今風の子育て:バイリンガルからマルチリンガル: グローバル化世界を歩む我が子へ