学習塾ガウディアの話2 インコとこけし

前の記事:学習塾ガウディアの話 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

モモ(年中5歳)は半年前からガウディアというプリント学習塾に通っています。

簡単に言うと公文みたいな自学自習式の教室です。

 

少し前に幼児用プリントが終わり、一年生用のプリントに移行したのですが、難しすぎたのでまた幼児用プリントに戻り、繰り返してやっていました。

そうこうしているうちに、ガウディアが幼児用教材をボリュームアップの上リニューアルしたので、その新しい幼児用プリントもやることになりました。

 

つまり、ずっと幼児用プリントをやっています。

 

モモは幼児以外の何者でもないので、まあ、これでいいのでしょう。

 

モモは毎日楽しくプリントに取り組んでいます。

 

保育園帰りの時間に合わせて、テーブルに今日やるプリントと筆記用具を置いておきます。

すると、帰ってすぐやるときもあるし、あとでやることもありますが、とにかく寝る時間までには取り組みます。この点、モモを信頼することができます。

 

私にとって、これが何よりです。

 

ガウディアの先生も、モモを一人前の生徒として扱ってくださって、親切に、しかし甘やかさず、指導してくださっています。

 

 

ところで、ガウディアのプリントをやっていて、モモが

こけし

いんこ

という言葉を知らないということが発覚しました。

■インコのイラスト

 

これはもうすぐ年長の5歳児として、どうなのでしょうか。

語彙が少ない?

絵本の読み聞かせが足りない?

体験が足りない?

 

私は正直、ふがいない、情けない気持ちがしました。

 

モモが2歳くらいの頃、保育園のおともだちが

「じゅうどう(柔道)」がどうのこうのとお話ししていた時も衝撃を受けたものでしたが・・・

その時より深刻に受け止めました。

 

(もしかして英語育児のせいなの?)

英語育児的には、あれかもしれませんが、一応記録として書いておきます。