おうち英語 YouTubeのおすすめ動画13 Ben and Holly’s Little Kingdom(ベンとホリーの小さな王国)

前の記事:おうち英語 YouTubeのおすすめ動画12 TOY BUS - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

英語育児に『Ben and Holly’s Little Kingdom』(ベンとホリーの小さな王国)

英語レベル:★★★

Ben and Holly’s Little Kingdom(ベンとホリーの小さな王国)は、プリンセスや妖精やエルフが出てくる、ほのぼの・コミカル・ファンタジーアニメです。

題名の通り、主役はエルフのベン(男の子)と王国のプリンセスのホリー(女の子)です。仲良しの2人が中心となって、さまざまなドタバタを巻き起こします。

登場人物はそろって小さく、人間の手のひらに乗るくらいのサイズ感です。

 

Ben and Holly’s Little Kingdomとペッパピッグ

ペッパピッグを観たことがある人は一瞬で気付くと思いますが、

Ben and Holly’s Little Kingdom(ベンとホリーの小さな王国)の声優さんは、ペッパピッグとまるかぶりです。

 

ペッパピッグと同じ声です。

 

なんでも、ペッパピッグと製作スタッフが同じなんだそうです。

 ペッパピッグについてはこちらをどうぞ:

www.momoeigo.xyz

 

言われてみれば、両者は舞台設定が全く違うにもかかわらず、なんとなく似ている感じがします。色使いや登場人物の表情など。

(声は似ているというレベルではなく同じです)

 

英語の難易度は、ペッパピッグより「ベンとホリー」が少し難しいかなというくらいの印象です。

それは、日常生活を扱っているペッパピッグに対し、「ベンとホリー」は王国・妖精の世界を扱っていて、慣れるまで展開が読みにくかったり、なじみのない単語が使われるからだと思います。

(magic wand➡︎魔法のつえ等)

 

だいたい、日本人の感覚だと、エルフってなんだよって感じですよね。妖精みたいなものだそうです。でも、「ベンとホリー」にはエルフとは別に「妖精」も出てきます。

「ベンとホリー」だけの印象だと、エルフは地味な感じ、妖精は華やかな感じです。

 

王族の人々、エルフ族、妖精族が仲良く暮らしている国、それがBen and Holly’s Little Kingdom(ベンとホリーの小さな王国)です。

 

ストーリーとしても面白いし、単語の幅も広がるので、おすすめです。

 

 

Ben and Holly’s Little Kingdom(ベンとホリーの小さな王国) 動画はこちら

www.youtube.com

 

次の記事:おうち英語 YouTubeのおすすめ動画14 Topsy and Tim(トプシーとティム) - 英語育児―モモちゃんの子ども英語