おうち英語 YouTubeのおすすめ動画18 動画から本へ!『Cartoonito Tales』

英語の動画 前の記事:おうち英語 YouTubeのおすすめ動画17 Fireman Sam(消防士のサム) - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

英語育児に『Cartoonito Tales』

f:id:momoeigo:20190510110329p:plain

英語レベル:★★★★

『Cartoonito Tales』は、「ヘンゼルとグレーテル」「白鳥の湖」などの有名な童話や物語をもとにした、子ども向け実写動画です。一つあたり10分程度です。

 

この動画の特徴的なのは、実写ドラマ(劇)と本の読み聞かせを組み合わせた動画だという点です。

 

動画で物語の登場人物を演じるのは数人の子どもたちなのですが、ナレーターが物語を読み、子どもたちはそれに合わせて演技をするだけで、子どもたち自身はセリフをしゃべりません。

 

ナレーター「おばあさんは川で洗濯をしました」(同時におばあさん役の子どもが洗濯をする演技)

みたいな感じです。

 

だから、動画ではありますが、動く挿絵を見ながら本の読み聞かせを聞いているような感じです。

 

本だと、挿絵はページのうちほんの1場面しか解説してくれませんが、この動画だと、物語(ナレーション)に沿って子どもたちが動いてくれるので、わからない言葉や表現があっても子どもたちの動きから推測して楽しむことができます。

 

英語としては、ナレーターの読み方は特別速くはありません。ただ、話し言葉(セリフ)ではなく普通の文が中心になるので、文法的に少し難しいところがあると思います。

 

動画から本への橋渡しに 『Cartoonito Tales』の可能性

『Cartoonito Tales』は、一見ほかのものと同じような楽しい動画でありながら、音声は物語の読み聞かせなので、自然に「本の読み聞かせ」「本(書き言葉)の表現」に慣れることができます。

 

幼児期の英語育児は動画視聴が中心でも、年齢が進むと「洋書を読む」ことが英語力の維持向上のために大事になってくると思います。

 

YouTubeには本当の「本の読み聞かせ」の動画もありますが、モモちゃん(4歳)はあまり好きではありません。難しくてつまらないのだと思います。

そんなモモちゃんも『Cartoonito Tales』は好んで見ています。『Cartoonito Tales』を足掛かりに、だんだん慣れていってくれればいいなと思います。

 

『Cartoonito Tales』動画はこちら

www.youtube.com

 

www.youtube.com