ヤマハ音楽教室 幼児科日記(5月-3回目)

早くも挫折気味 モモちゃんのピアノ

ヤマハ音楽教室幼児科が始まって(わずか)3回目、もう壁にぶち当たっています。

 

モモちゃんは弾くのが嫌いみたいです。

 

気に入らない課題のときはエレクトーンの下に潜り込んで出ません。

辞めたいです(私が)。

 

前半30分は良かったのですが、後半に入って、「さあ弾こう」となったら嫌がりました。

本人は、「疲れた」と言っていました。

先週は「そっかぁ、疲れたなら仕方ないね」と穏やかに見守ることができたのに、今週はできませんでした。

モモちゃんはレッスン前にたっぷりお昼寝をしていたからです。疲れたなんて信じられない!

 ãæ¼å¯ããã¦ããã¦ãµã®ã®ã¤ã©ã¹ã

年中からではなく、年長になってから始めるべきだったかもしれません。早生まれと小柄なことがあいまって、他の子より頭一つ分も背が低いモモちゃんです。体力・精神両面でみんなについていくのが厳しいのかもしれない。これまで心配していなかったけど、保育園ではうまくやっているのでしょうか・・・

 

歌うのは、弾くよりは好きみたいです。

子どもたちが教室の前の方に行って、先生の周りに集まって、子どもたちだけで歌うときは、大きな声で歌っていました。歌詞でも、ドレミでも。

 

エレクトーンをグーでたたく課題も、一応できていました。

音楽に合わせて、鍵盤の高いところをグーでたたく、低いところをグーでたたく、黒鍵が二本あるところをグーでたたく、というものです。

しかししかし、「先生の合図があるまで鍵盤を押してはいけない」というお約束を、守れません。

私が物理的に手を抑えています。

先生の言葉の意味は理解していて、その上で我慢できないのです。

自分の衝動を優先してしまう・・・

 

そして、弾く課題に至っては、「あれができない、これができていない」というその前の段階で、椅子に座っていないのですから、お話になりません。

 

モモちゃんはなぜ弾かないのか

なぜモモちゃんが弾かないのか、考えてみました。

①疲れているから

レッスンの時は、「さっきあんなに寝たのに疲れているわけないでしょ!」と思ってしまいましたが、モモちゃんはまだ4歳の幼児なので、30分も頑張れば疲れてしまうのかもしれません。

そうはいっても、レッスンや音楽が好きなら、特に頑張るという意識もなく楽しくやれると思うので、モモちゃんはレッスンや音楽が好きではないのかもしれません。

②課題が難しすぎるから

「ド・ド・ド」や「ド・レ・ド」の課題が難しいとはにわかには信じがたいですが、私が幼児の心情を忘れてしまっただけで、本当は難しいのかもしれません。

また、ただ鍵盤を押すだけでない、「手の形はこうで~」などの指導が、モモちゃんにとっては難しいのかもしれません。

③課題が簡単すぎるから

「簡単すぎてつまらない」なんていうと、どんな優秀なお子さまかという感じなのですが。

モモちゃんは、家では「ド・ド・ド」「ド・レ・ド」を弾いていました。

もう「ド・ド・ド」「ド・レ・ド」に飽きてしまったという可能性もあります。

 

このように、モモちゃんが弾かない理由を考えてみましたが、真相は不明です。

 

モモちゃんに、ヤマハを続ける気があるのか尋ねてみた。

レッスン直後は、私も気持ちが高ぶっていてよくないと思ったので、一晩たっておちついてから、モモちゃんに尋ねてみました。

「これからもヤマハに行きたい?」

私の「モモちゃんのレッスン態度が腹立たしい」や「もう辞めてしまいたい」や「できれば続けてほしい」という感情が伝わると、モモちゃんが私の意向をくんだ答えをしたり、反対に反発した答えをすると思ったので、お互いに冷静なときを狙って、感情を交えず、さりげなく尋ねました。

 

モモちゃんは「うん。」と言いました。

 

ここで、「それならレッスンの時ちゃんとしてね、約束だよ」と言葉を続けるべきなのか?迷いましたが、言わずにおきました。

 

 

まだ始まったばかり、もう少し様子を見てみようと思います。