私もピアノを弾いてみる2

※本ページにはプロモーションが含まれています。

私はピアノが弾けない、と言っても、5年もやったので、文字通り全然弾けないというわけではありません。

 

 「右手で知っているメロディ、左手で和音」くらいなら、楽譜を見ながらなんとか両手で弾けます。

 

英検でいえば5級くらいの力はあるのではないかと思っています。

 

そんな私がこのたび試したのは、この本です。 

両手になったらコードネームでひいちゃおう 1 ~コードタウンの仲間たちとあそんでみよう (子どものためのコードネーム入門書)

 

私にぴったりの本でした。

 

メロディに合う和音の仕組みについて、子どもにもわかるように解説されていて、私でもよくわかりました。

 

一日で、3つの調の「カエルの歌」を弾けるようになりました。

すごい!

右手でメロディ、左手で和音です。

 

弾けると楽しい~

 

コードというのは、英語でいうフォニックスみたいなものだと思いました。

いっけん無秩序なところに実はルールがあって、ルールを知るとぐんと読みやすくなる・・・みたいな。

 

「ピアノが趣味です!」

いいですね。

どこに出しても恥ずかしくないですね。

実際のピアノレベルは恥ずかしいですが。

 

私は、飽きっぽいところがあるのでまたすぐ3か月くらいで飽きるかもしれません。

でも、ちょっと、ピアノやってみようかな。

 

私が楽しそうに弾いていると、モモ(年長6歳)にも好影響だろうし。

 

 

そういえば、この前、モモがピアノのことを「ぴやの」、ミニオンのことを「みによん」と書いていました。

十分成長したように見えますが、まだモモは子どもの世界に住んでいるようです。