英語育児とディズニープラス 3か月目の感想

※本ページにはプロモーションが含まれています。

モモ(年長5歳)が今一番夢中になっている動画・・・

それは、ディズニープラスの

f:id:momoeigo:20200714110839j:image

イッツ・ア・クイズワールドです。

 

日本の芸能人がチームに分かれ、ディズニー関連のクイズに挑むという普通のバラエティ番組です。もちろん完全に日本語で、英語切り替えはできません。

出演者たちが、ふざけた話題(例えば、告白してフラれた人にどんな言葉をかけたらいいか、とか・・・)で盛り上がったりして・・・

 

いいところもあります。

  • ディズニーキャラクターやディズニーランドに関する知識が増える
  • モモが喜んで見ている
  • 幼児の日常生活にはあまり出てこない日本語に触れることができる

 

でもとにかく、これが

モモの英語離れの呼び水になるのではないか

と私をどきどきはらはらさせている元凶なのです。

 

ディズニープラスは、質の高いディズニー映画を観ることができる、素晴らしいサービスだと思います。うまく使えば英語育児の強力な味方になってくれるでしょう(実際うちでも大いに役に立っています)。

 

ただ、英語のレベルが高めということもあり、

特に英語育児始めたばかりの方には、

YouTube kidsアメリカ版をよりお勧めします・・・

 

関連記事:英語育児のやり方 ⑩YouTubeキッズのすすめ - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

イッツ・ア・クイズワールドのような日本語の番組は一切ないし、

仮に「見せたくない!」と思う動画があれば、簡単にブロックすることができます。

 

勉強としてではなく、楽しみのために見せるのに、子どもに「この動画は見ちゃダメ。この動画を見なさい」とやりたくないですよね。

どれでも何でも好きな動画を見ていい、とした方が、親も楽だし子どもものびのび楽しいはずです。

 

だから、親が、子どもの目に触れさせたくないと感じた動画を、簡単に非表示にできるYouTubeのブロック機能は本当にありがたいです。

 

 

そして、ディズニープラスにはそういう機能がないために、モモが日本語の番組に夢中になって、私をハラハラさせているわけです・・・

 

イッツ・ア・クイズワールドでモモの日本語が伸びる、それはまあいいのですが、

ごめん、ディズニープラスにそれは求めていないのです。

英語を、英語をお願いしたい・・・

(ディズニープラスじたい、英語学習のためのサービスではないので、私の希望も身勝手なものです。すみません)

 

日本版ディズニープラスではなく、アメリカ版ディズニープラスが見られたらな、と思います。

モモによさそうなアプリがあっても、アメリカでしか使えないものだったりして、

インターネットでグローバル社会とはいっても、まだまだ国境が厳しくそびえたっていると感じます。

 

 

モモによさそうだと思ったアプリ↓

アメリカ国内で発行されたクレジットカードでないと利用料が払えない(=利用できない)

Disney Story Realms

Disney Story Realms

  • Kuato Games
  • Education
  • Free

apps.apple.com