フランス語3週間

モモちゃんのフランス語 前の記事:フランス語2週間 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

私の思い付きでフランス語のかけ流しを始めて3週間がたちました。

かけ流しているのはこのCD!

Baby's First Steps in French

一日30分くらいかけ流していると思います。

最初の1週間くらいは、耳慣れぬフランス語を嫌がってママをハラハラさせたモモちゃん(年中4歳)ですが、このところ、うれしいくらいの進歩を見せてくれています。

 

CDに合わせてフンフン歌うのから一歩進んで、最近ではCDが流れていないときにもフランス語の歌を歌うようになりました。

この歌↓


« Il était un petit navire » - Mister Toony

 

フランスの子ども歌です。

モモちゃんの発音は、フランス語が全く分からない私が聞いてもあいまいな感じ・・・

でも、鼻歌ではなくてちゃんと歌詞を歌っています。

 

このまま、スラスラフランス語習得!?

f:id:momoeigo:20191121123356p:plain

 

・・・そんなわけないない

それはわかっていても、希望を抱かせる、モモちゃんの進歩です。

 

始めたての頃は目に見える成長があって楽しいものです。

しばらくすると、目に見える成長は少なくなり、アニメを見る等で言葉をためる時期になるでしょう。

フランス語のアニメに触れられるのを私も楽しみにしています。

 

一方で、

・平日フランス語にかけられる時間は30分程度がせいぜい(少なすぎる)

・日本語英語に加えて、中国語とフランス語までやらせて、モモちゃんの脳に負担になっているのでは

・将来なんの役に立つのだろう

・モモちゃんの将来の選択肢を増やすつもりで、かえって減らすことになりはしないか

 

などの悩みも、漠然と頭の中にあります。

 

「将来の選択肢を増やすつもりで、かえって減らすことになりはしないか」というのは、つまり、誰でも思春期には

  • 将来どう生きていったらいいか
  • 自分はどんなことに向いているのだろう

と悩む時期があると思います。

その時に、「自分には語学があるから~」と、自分にあまり向き合わない可能性を危惧しています。

また、思春期以降、外国語の維持向上に意識と時間を使うと、その他のことに興味がいかないかもしれない・・・とか。

 

・・・まあ、それはそれでいいかもしれません。

そうなったとしたら、外国語を肯定的に自分に取り入れたということでしょうから。