4歳の英語 自力読みの様子3

冬休みの旅行で山に登りました。

山登りといっても登り下りはリフト、山頂を散策するだけのなんちゃって山登りです。

f:id:momoeigo:20191231105052p:image

登山客は全員往復リフト券を買い、登りのリフト乗り場でチケットをチェックされるので、帰りのリフト乗り場ではチケットのチェックがありません。

山頂のリフト乗り場にはこんな看板がありました。

「乗車券は不要です。ここでは改札はありません」

そして外国人観光客のための表示も。

「Do not use the ticket.」

 

Do not use the ticket.

この訳でいいのか?いいのか?

「チケットを使うな」と書いてないか?

私は少しソワソワしました。

 

それはともかく。

リフトの列に並んでいたモモちゃんが、この

「Do not use the ticket.」

の文を読みました。

 

また、「この先〇キロ 〇〇動物園 〇〇ZOO」という看板の、ZOO部分を読んで、

「動物園!行きたい!」

と言ったりもしました。

 

目についた表示を何でも読もうとするのは、日本語読み始めと一緒です。

 

環境さえ整えば、読めるようになるだろうと感じました。

でも、日本は英語の表示が少ない!日本だからそれはそれでいいのだけれど、事実として英語の表示は圧倒的に少ないのです。

(アメリカに連れていきたい)

と切実に思いました。

飛行機の時間が長い。時差。金銭面。

実際には難しいですが。

 

また、宿でのカラオケでは、自分で

Let it go

と入力してアナ雪の歌を入れていました(そして英語で歌いました)。

 

このように「もう少しで英語が読めるようになるよ」アピールをされたので、怠け者の私も重い腰を上げ、モモちゃんに英語を読ませる取り組みを再開しました。

 

旅行から帰宅後、この2冊を読んでもらいました。

Where's Spot?

 

Spot Goes to School (Spot - Original Lift The Flap)

 

うちの犬のぬいぐるみにご登場願い、私が

「モモチャーン、犬のご本よんでー」

と犬に言わせてモモちゃんの気分を乗せ、読んでもらいます。

 

likeは読めた、startは読めなかった、全体としてみるとつっかえつつもまあまあ読めていたかなという感じでした。

一冊で飽きるかなと思いましたが、2冊読みました。