来月からの中国語グループレッスンについて、詳しいお知らせがありました

※本ページにはプロモーションが含まれています。

モモちゃんの中国語 前の記事:4歳の中国語(始めて半年)中国語がわかるようになってきた!? - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

中国語のグループレッスン、中国語との縁

モモちゃん(4歳)の中国語グループレッスンの詳細についてお知らせがありました。

週1回、月4回でお月謝8000円だそうです。

これまでは中国語に月6000円しかかけていなかった(月2回マンツーマン指導)ので、負担が増える、増えるけれど、

レッスン場所、レッスン時間は、モモちゃんが通いやすい条件になっています。

 

これまで、モモちゃんにやらせたいと思っても、いろいろな条件が合わずに諦めたものもあります。

 

それを考えると、これもご縁なのかなという気がします。

 

勉強仲間は、先生の子ども

これまでの中国語の先生とは別の先生に習うことになります。

 

グループレッスンに来る子の1人は、先生の子どもだそうです。

 

日本社会で生活していると、親の言葉が中国語でも、やっぱり日本語が優位になるのでしょう。

それで、親である先生が、子どもに中国語を教えるためにクラスを開講した、それにモモちゃんも加えてもらえることになった、ということかな?

 

モモちゃんの保育園のクラスに両親が韓国人の子がいて、0歳児のころから見ていますが、4歳の今、日本語ペラペラです。その子の親御さんも日本語が上手ですが、発音なんかはもう明らかにお子さんの方が上手です。いや、「上手」とかそういう(外国人基準の)レベルではなく、モモちゃんたち他の子どもと全く同じです。一緒に、日本語を話せるようになりました。

 

その韓国人の子は、家でも両親と主に日本語で話しているということで、モモママは、

(せっかく両親が韓国語ネイティブなのだから、バイリンガルに育てればいいのに)

と、勝手なことを考えていますが・・・いろいろ、難しいのかもしれません。

 

中国語の先生は、日本社会という(中国語習得に)不利な条件下でも、子どもに中国語を与えたいと思って頑張っておられるのでしょう。

 

モモちゃんは「かけ流し式中国語学習」で頑張ります

先生のお子さんは、日本社会に暮らす子どもといっても、親が中国人で、しかもただの中国人ではなく中国語の先生なわけで、モモちゃんよりずっと中国語習得に有利な状況にあります。

 

モモママは、中国語を教えてあげることはできませんが、かけ流し式中国語学習で頑張ろうと思います。

 

モモちゃんと英語をやってきて、「かけ流しと動画にちょっと時間をとって、言葉を使う機会を与えてあげれば、子どもが外国語を習得するのはそんなに難しくない」と思うようになりました。

英語のときは、この取り組み方でいいのか不安で手探り状態で、あれこれ調べたり、無駄なこともしましたが、

中国語は、2人目を育てるときのような余裕を感じます。(モモ家は子ども1人しかいないので想像ですが)

 

中国語の先生の子どもなら、相手にとって不足なし!

自分の子どもが生徒なら、先生も熱心に教えてくれるでしょう。

いい勉強仲間になりそうです。

 

モモちゃんの中国語 次の記事:子ども中国語 グループレッスン(体験)の様子 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語