年中4歳の英語育児 上手くいっていること・上手くいかないこと

モモちゃん、年中さんになりました

モモちゃん(4歳)が年中に上がって半月が経ちました。

モモちゃんは年中組になったことを喜んで、ますます元気に保育園に通っています。

3月までの年長さんが卒園・入学したのがすごく刺激になったようで、

「はやく一年生になりたい!」

とよく言っています。

f:id:momoeigo:20181025114539p:plain

小学校より保育園の方が気楽でいいんじゃないかと、モモママは思ってしまいますが、なんにせよモモちゃんが楽しそうで喜ばしいことです。

 

英語育児は順調なこととそうでないことがあります

英語育児の方は、順調な面とそうでない面があります・・・

まず順調なことから。

 

① 英語動画

英語動画は順調です。毎日楽しく見ています。

 

② 英会話教室

英会話教室は、先生がまた変わって新しい先生になりました。この前のクリスマスから数えて4人めの先生です。先生の交代が多いのはいただけません・・・

でも、今度の先生も楽しい明るい先生です。この前授業を見学したのですが、小さい子相手だからと変な手加減をせず、読み書きも会話も鍛えてくれそうです。

それに、今度のクラスには、モモちゃんより1歳上でモモちゃんより英語ができる子がいます!

 

自分の子より出来がいい子がいると嫌な気持ちになる?

 

とんでもない!むしろありがたいです。自分と同じ日本の子どもで、英語を使いこなす子が身近にいるというのは、モモちゃんにとっていい環境だと思います。いい刺激になると思います。

トイレットトレーニング中の子どもが、保育園で他の子がトイレを使う様子を見て、「自分もやってみよう」という気になる・・・というのと同じです。

 

子どもが子どもから受ける刺激は、よくも悪くも強力で、親では真似できません。

 

③ 英語の本読み

 この前この記事(↓)を書いてから、ときどき寝る前にモモちゃんと一緒にSight Word Readers(サイトワードリーダーズ)系の簡単な英語の絵本を読むようになりました。

モモちゃんと一緒にSight Word Readers(サイトワード リーダーズ)を読んだ話 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

私が一文読んで、モモちゃんが繰り返して読む、というスタイルです。

意外にもモモちゃんは楽しんでいて、何冊も読みたがることもあります。 

 

自由な時間に自分でも絵本を見てなにやら読んでいることもあります。

 

この本(↓)の

f:id:momoeigo:20190416130703j:image

このページ(散らかっている部屋の様子↓)を見て、

f:id:momoeigo:20190416130506j:image

「モモちゃんのおうちみたい!」と言っていました・・・

 

④ ドリル(+かけ流し)

それから、ドリルを使ったワークも、引き続きブーム中です。

関連記事:4歳 ドリルが大好き - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

ドリルに熱をあげている状態というのでしょうか、寝る寸前までドリルをやって、鉛筆を持ったまま寝落ち・・・ということもときどきあります。

 

モモちゃんの感心なところは、間違いに気づいたり間違いを指摘されても精神的に崩れないところです。

「えへへ、モモちゃん間違えちゃった」

みたいな感じで消しゴムで消してやり直します。

 

一生懸命問題に取り組んだけれど、結果は間違いで、またやり直さなければならない・・・

なんてこと、学習では日常茶飯事ですから、モモちゃんのこういう方向の強さは学習と親和的かなと思います。

 

ただもちろん、これは、「やりたいときにやりたいだけ、好き勝手に出来る、間違ってもなんにも困らない、ただの遊びドリル(ぬり絵の延長)」だからこそできることという、そういう面もあると思います。

 

もう、同級生の中には公文とか始めている子もいます。

モモちゃんのお勉強は、どんな風にスタートさせるのがいいのか、うちではまだ考え中です。

関連記事:お勉強の習い事【もうすぐ年中】 - 英語育児―モモちゃんの子ども英語

 

 

モモちゃんが使っている机の紹介

狭くて散らかっているモモ家ですが、モモちゃん用の机はあります。

とくにオサレでも、頑丈でもない、おもちゃの机です。

でもモモちゃんが毎日のように使っていて、これまでモモちゃんに買い与えたものの中で一番活躍しているかも、と思います。

伊勢藤 チャイルドデスク ピンク

(クリックするとアマゾンへ飛びます)

 

長くなったので、英語育児の上手くいっていないことについては、別記事にします。