「隙あらば中国語」の取り組み

モモ(年長5歳)は英語の動画が好きですが、私は「隙あらば中国語」の精神で中国語をかけ流しています。

 

中国語のメイン教材↓

chinese.littlefox.com

 

モモ家では、英語の取り組みと並行して、中国語のかけ流しをしています。2年くらいになります。

 

  • 中国語の文法はそれほど難しくない(英語に似ている)
  • 文字はおなじみの漢字
  • 難しいのは音(発音、声調)だけ

 

という考えのもと、「耳と頭の柔らかい幼児期に音だけ慣らしておけば、後で本人がやる気になったら、比較的容易に中国語を習得できるのでは」と思って、続けています。

 

そうは言っても、モモももうすぐ小学生。「耳と頭の柔らかい幼児期」は過ぎ去ろうとしています。

 

モモは、中国語の音を体得できたのでしょうか。

中国語にかけてきた時間は、一日に30~60分くらい。モモは保育園児でそもそもあまり家にいないし、英語もあるしであまり時間が取れません。

その効果のほどは・・・今のところ、目に見えるものはありません。

 

モモはいつか、中国語を学びたいという気を起こすでしょうか。

 

今のところ、モモは中国にも中国語にもあまり興味はないようです。

 

でも、なんだか、楽しいです。

もしかしたら、モモは将来中国語で楽しんだり、中国語に助けられたりするかもしれません。

中国語のかけ流しが、面白い未来につながるかもしれません。

 

 

できるだけ中国語も続けようと思っています。