【もうすぐ一年生】英語自力読みの様子2「この子は大丈夫かもしれない」

先日、モモ(年長6歳)は、自主的に英語の絵本読みを始めました。

 

夜寝る前のタイミングで、一冊の英語絵本を、親と交互に1、2ページずつ読む(→モモ寝落ち)ことはよくありますが、遊びの時間に自分から読み始めるのは久しぶりです。

 

私とモモパパと、ぬいぐるみたちが観客として並びます。読んで欲しい絵本をリクエストする役です。

 

もちろん、難しい本にトライして欲しい気持ちはありますが、そこは、

「英語は簡単だ!」と子どもが思えれば、英語教育は成功

 

世界で活躍する子の<英語力>の育て方

という金言に従い、モモの実力いっぱいより簡単な絵本をリクエストします。

 

Step into reading のレベル2〜3、Oxford reading tree のレベル5あたりを中心に、5冊くらい読んでもらいました。

Let's Be Friends (LOL Surprise!) (Step into Reading)

本はスイスイ読めるし、パパママやぬいぐるみたちは褒めそやすし、モモはノリノリでした。

 

「そろそろ寝る準備を始めよう」

と声をかけても、

「もっと読みたい!」

と言うのです。

 

その時、

私は「この子は大丈夫かもしれない」

と思いました。

 

2歳から英語育児を始めて、この子の英語は大丈夫かもしれない、と、初めて思いました。

 

英語がしっかり根付いて、モモの一部になっているように感じたのです。

 

 

あー、今が英語育児の一番いい時期かもしれません。

小学校に入れば、日本語の渦に飲み込まれて英語を忘れ、「この前のあれ、ナシ!気のせいだった!」ということになるかも。

 

英語育児の「小学校入学の壁」については、随時ブログでご紹介する予定です。