チャプターブック(Heidi Heckelbeck)の読み聞かせ

モモ(小1)と一緒にHeidi Heckelbeckのシリーズを読んでいます。

モモが結構気に入っていて、ほとんど毎晩読み聞かせています。

今、6巻を読み終わったところです。 

Heidi Heckelbeck and the Secret Admirer

 

このシリーズは33巻まであるそうですが、最後まで読んでしまいそうな勢いです。

33冊。

考えてみると大変なことです。

 

かいけつゾロリを33冊。

ズッコケ三人組を33冊。

そう置き換えてみると、とても買い与える気になりません。

借りて読めば十分でしょ、となりそうです。

 

しかし、洋書の場合は、借りて読むことができないので、買うことになります。

 それはしかたないとして、

注文しても配送までに時間がかかるのが悩みの種です。

Heidi Heckelbeck の次の巻、7巻も、あと2週間くらいしないと来ないようです。

どうしよう。到着を待たず、電子書籍でダウンロードして、読み聞かせるかもしれません。

(湯水のようにお金がかかりますね)

 

 

 

とにかくこのように、モモは今後読む本がずーっと(33巻まで)決まっていて、私はしばらくamazon漁りをしなくていいはずなのですが、

ついしてしまって、

これは!

という本を見つけました。

 

Beezus and Ramona (Ramona Quimby Book 1) (English Edition)

 ちょっと目を通したところ、おもしろそうです。

元気いっぱいのいたずらっ子ラモーナ(4歳)と、それに振り回される姉のビーザズ(9歳?)のお話です。

1955年初版の古い本です。

Heidi Heckelbeckより難しそうだから、Heidi Heckelbeckの後に読んだらちょうどいいかもしれません。

 

あ、ずっと読み聞かせていますが、モモは読む気になったら自分でHeidi Heckelbeckを読むこともできます。

ただ、あまり読む気にならないのです。

 

モモがあまり洋書を読まないので、オンラインの先生を頼んで、週に30分ほどモモの音読を聞いてもらうレッスンをしています。

そのレッスンを、モモは気に入っているようです。

 

では、どうして普段読まないの?

どうしてどうして?

赤ちゃんの表情のイラスト(男・疑問)

考えてもわからないので、私はひたすら読み聞かせを続けます。