最近の洋書読み聞かせ・音読の様子(小1)

モモ(小1)が読む英語の本を探しているとき、無意識に、

「私が読めるレベルならモモも読める。私が難しいと感じる本はモモにも無理そう」

と考えている自分に気づきました。

今、私とモモは読む力がだいたい一緒であるように感じます。

 

モモにはHeidi Heckelbeckという児童書のシリーズを読み聞かせ、音読(週1回)させているのですが、

Heidi Heckelbeck and the Secret Admirer

今は7巻が手元に来るのを待っている状態です。

 

そこで、本が来るのを待つ間、久しぶりに

LEGO® Harry Potter Magical Treasury: A Visual Guide to the Wizarding World (Library Edition)

ハリーポッターの本などを読んだり、読ませたりしました。

ハリーポッターの本だと、自分で読みたがることがあります。

 

また、YouTubeでアメリカの子どもが「Charlotte's Web(シャーロットのおくりもの)」に言及しているのを見て、

Charlotte's Web (A Puffin Book)

これも買ってみました。

『シャーロットのおくりもの』、有名な本ですが、私は読んだことがありません。

シャーロットって、女の子の名前でもなければ、女の子に抱っこされているブタの名前でもありません。蜘蛛の名前だそうです。

読むのが楽しみです。

モモも気に入ってくれるといいのですが。

 

YouTubeといえば、最近、モモは音声入力で動画を検索することを覚えました(英語)。

検索ワードを入力するのに駆り出されることがなくなって、少し楽になりました。